三文会

東大周辺で毎週土曜朝に行っている勉強会です。毎週違う人の話を聞きながら、参加者と発表者が相互に議論をしあいます。テーマ、参加者ともに多様性が特徴です。※2020年3月から、オンラインで開催しています。

【7/20】夜の三文会: 社会人学生の集い

三文会には、社会人でありながら大学生(学部生)・大学院生という方が多く参加されており、社会人学生の交流の場がほしいとのご要望をいただきました。

7月20日(土)の三文会は、朝の会を夜に振り替えて、物理会場を用意し、17:30開場、18:00~20:30ごろの開催といたします。

もちろん、社会人学生でない方でも参加いただけます。

当日、午前の会は開催しません。

【一分間スピーチのテーマ】

研究していること・研究したいこと(なければないで構いません)

【スケジュール】

  • 17:30、開場
  • 18:00~18:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
    • 三文会では会のはじめに、参加者のみなさんにひとり1分程度お話しいただきます。
  • 18:30~20:30、歓談
  • 20:00~20:30、クロージング

18:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

  • 物理会場にいらっしゃる方: 5000円
  • Zoom会議室で参加される方: 無料

【参加方法】

  •  物理会場にいらっしゃる方も、Zoom会議室で参加される方も、事前登録は不要です。
  • 当日のご連絡は、三文会のSlack、または050-3811-6344までお電話でお願いします。
  • 物理会場にいらっしゃる方
    • 会場の「神田 風月」(東京都千代田区神田紺屋町46番地 風月堂ビル)まで直接、お越しください。

    • 軽食・飲み物を用意する予定です。
  • Zoom会議室で参加される方

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

【7/13】高根正昭『創造の方法学』――第5回 頭がよくなりそうな本 戦後日本編

個人の関心で「頭がよくなりそうな本」を講読しています(「頭がよくなりそうな本をたくさん読むのは頭がよくないのではないか」とのご指摘をいただいていますが)。

そのうち比較的、読みやすいと思われる戦後日本で発表された文献の感想を、2024年に1カ月に1回の予定で共有しております。

7月13日(土)の三文会では、社会学者の高根正昭(たかね・まさあき)が1979年に発表した『創造の方法学』を紹介します。

社会科学の方法の基本を整理して説明した文献です。著者は、これまでに紹介してきた文献に比べて、知に関する心構えよりも、具体的な方法に力点を置いているように読めます。思わず「大学学部生の頃に、このような説明を聞いたら、社会科学がもっと面白く思えたかもな」と思ってしまいました。

あくまでも素人の感想である点はご容赦ください。

今後の予定は下記の通りです。敬称は略させていただきました。

日も内容も変更があり得ますので、最新の情報は本ウェブサイトでご確認ください。

  • 2024年3月30日(土)第1回 小泉信三『読書論』(済み)
  • 2024年4月27日(土)第2回 梅棹忠夫『知的生産の技術』(済み)
  • 2024年5月25日(土)第3回 板坂元『考える技術・書く技術』(済み)
  • 2024年6月29日(土)第4回 渡部昇一『知的生活の方法』(済み)
  • 2024年7月13日(土)第5回 高根正昭『創造の方法学』(今回)
  • 2024年8月31日(土)第6回 花村太郎『知的トレーニングの技術』
  • 2024年9月28日(土)第7回 外山滋比古『思考の整理学』
  • 2024年10月26日(土)第8回 立花隆『「知」のソフトウェア』
  • 2024年11月30日(土)第9回 松岡正剛『知の編集工学』
  • 2024年12月28日(土)第10回 畑村洋太郎『技術の創造と設計』

[文献]

高根正昭, 1979,『創造の方法学』講談社. https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000144150

【一分間スピーチのテーマ】

因果推論(「何それ?」というコメントでも構いません)

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)

1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。三文会事務局に出向。現在、電気通信企業に勤務。

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
    • 三文会では会のはじめに、参加者のみなさんにひとり1分程度お話しいただきます。
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

  • 事前登録は不要です。
  • Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です)
  • 時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

【7/6】第2.5回 J・S・ミル ファン(?)の集い『功利主義』続き

三文会では、偶然が重なって、英国の哲学者で経済学者のジョン・スチュアート・ミルが話題になる機会が複数回ありました。

せっかくの機会なので、全3回の予定で、参加者で協力しながら、J・S・ミルの著作を紹介しております。

前回6月22日(土)の三文会で『功利主義』を紹介しようとしたところ、議論が盛り上がって最後まで紹介できませんでした。

あさって7月6日(土)の会では『功利主義』の第三~第五章を紹介いたします。

残り1回の「J・S・ミル ファン(?)の集い」は、7月27日(土)の第3回『大学教育について』です。決定し次第、本ウェブサイトで案内いたします。

【一分間スピーチのテーマ】

経済学者の大河内一男(おおこうち・かずお)東京大学総長(当時)は1964年の東京大学学位記伝達式(卒業式)式辞で、J・S・ミルの言葉として「肥った豚よりも痩せたソクラテスになれ」と言ったのが知られています。

この言葉についてどう考えますか?

例えば、政治学者の関口正司(せきぐち・まさし)氏(九州大学名誉教授)は「強烈なエリート主義を感じ」ると言っています。

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)

1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。三文会事務局に出向。現在、電気通信企業に勤務。

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
    • 三文会では会のはじめに、参加者のみなさんにひとり1分程度お話しいただきます。
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

  • 事前登録は不要です。
  • Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です)
  • 時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

【6/29】渡部昇一氏『知的生活の方法』――第4回 頭がよくなりそうな本 戦後日本編

個人の関心で「頭がよくなりそうな本」を講読しています(「頭がよくなりそうな本をたくさん読むのは頭がよくないのではないか」とのご指摘をいただいていますが)。

そのうち比較的、読みやすいと思われる戦後日本で発表された文献の感想を、2024年に1カ月に1回の予定で共有しております。

今回は、英語学(考えようによっては文献学 philology)が専門の故・渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏が1976年に発表した『知的生活の方法』を紹介します。

苦学した経験を交えながら、自身の方法を述べた文献です。講談社現代新書編集部が2023年にX(旧Twitter)に投稿したところによると、1964年の創刊以来の発行部数ランキングで堂々の1位です。

あくまでも素人の感想である点はご容赦ください。

今後の予定は下記の通りです。敬称は略させていただきました。

日も内容も変更があり得ますので、最新の情報は本ウェブサイトでご確認ください。

2024年3月30日(土)第1回 小泉信三『読書論』(済み)
2024年4月27日(土)第2回 梅棹忠夫『知的生産の技術』(済み)
2024年5月25日(土)第3回 板坂元『考える技術・書く技術』(済み)
2024年6月29日(土)第4回 渡部昇一『知的生活の方法』(今回)
2024年7月13日(土)第5回 高根正昭『創造の方法学』(日を繰り上げました)
2024年8月31日(土)第6回 花村太郎『知的トレーニングの技術』
2024年9月28日(土)第7回 外山滋比古『思考の整理学』
2024年10月26日(土)第8回 立花隆『「知」のソフトウェア』
2024年11月30日(土)第9回 松岡正剛『知の編集工学』
2024年12月28日(土)第10回 畑村洋太郎『技術の創造と設計』

[文献]

渡部昇一, 1976,『知的生活の方法』講談社. https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000127597

【一分間スピーチのテーマ】

図書を買う基準があったら教えてください。

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)

1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。三文会事務局に出向。現在、電気通信企業に勤務。

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
    • 三文会では会のはじめに、参加者のみなさんにひとり1分程度お話しいただきます。
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

  • 事前登録は不要です。
  • Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です)
  • 時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

【6/22】第2回 J・S・ミル ファン(?)の集い『功利主義』

三文会では、偶然が重なって、英国の哲学者で経済学者のジョン・スチュアート・ミルが話題になる機会が複数回ありました。

せっかくの機会なので、全3回の予定で、参加者で協力しながら、J・S・ミルの著作を紹介いたします。

あさって6月22日(土)5月18日(土)の三文会では、『自由論』と並ぶ代表作といえる『功利主義』を紹介いたします。

「効用、つまり最大幸福原理」を増進する傾向がある行為は正しく、反対の傾向があれば正しくない――とする、やはり単純な原理で道徳を説明した文献です。

残り1回の「J・S・ミル ファン(?)の集い」は、7月27日(土)の第3回『大学教育について』です。決定し次第、本ウェブサイトで案内いたします。

【一分間スピーチのテーマ】

幸福は快楽だと思いますか?

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)

1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。三文会事務局に出向。現在、電気通信企業に勤務。

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
    • 三文会では会のはじめに、参加者のみなさんにひとり1分程度お話しいただきます。
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

  • 事前登録は不要です。
  • Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です)
  • 時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

【6/1】『西洋古典名言名句集』『ギリシア・ローマ名言集』を楽しむ

今回の三文会では、西洋古典語にハマっている(?)方から、西洋古典叢書編集部が編集した『西洋古典名言名句集』(2023)と、西洋古典学者の故・柳沼重剛(やぎぬま・しげたけ)氏が編集した『ギリシア・ローマ名言集』(2003)とをご紹介いただきます。

いずれも、古代のギリシャ語とラテン語との古典から、キーワードごとに名言・名句を集めた書籍で、好きな箇所から読めます。

[文献]

西洋古典叢書編集部編, 2023,『西洋古典名言名句集』京都大学学術出版会. https://www.kyoto-up.or.jp/books/9784814005062.html

柳沼重剛編, 2003,『ギリシア・ローマ名言集』岩波書店. https://www.iwanami.co.jp/book/b247133.html

【一分間スピーチのテーマ】

あなたにとってお気に入りの名句名言、格言、ことわざなどはありますか?

【発表者】

社会人(放送大学学生)

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
    • 三文会では会のはじめに、参加者のみなさんにひとり1分程度お話しいただきます。
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

  • 事前登録は不要です。
  • Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です)
  • 時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。