三文会

東大周辺で毎週土曜朝に行っている勉強会です。毎週違う人の話を聞きながら、参加者と発表者が相互に議論をしあいます。テーマ、参加者ともに多様性が特徴です。※2020年3月から、オンラインで開催しています。

2/4【生成系AIによるプレゼンテーションの作り方:ChatGPTとStable Diffusionを活用する】

ChatGPTの指示をもとにStable Diffusion に作ってもらったアイキャッチ画像

2022年は生成系AIが話題になりました。

そこで、ChatGPTとStable Diffusionだけを使ってプレゼンテーションを作り、発表してみたいと思います。

手順としてはChatGPTにプレゼン作りを指示し、骨子や内容を作ります。次にStable Diffusionで画像を生成してパワポを整えます(Stable Diffusionに入れる呪文もChatGPTに唱えてもらいます)。

ちなみに、ChatGPTに告知文を書いてもらったところ、
-------
「ChatGPTとStable Diffusionを使って、先進的なプレゼンテーションを作る方法」についてのプレゼンテーションを開催いたします。これらの高度な技術があなたのプレゼンテーションをどのように強化するか学びに参加ください。
-------
だそうです。

どんなプレゼンになるのか、お楽しみに!

※このタイトルも告知文の内容から ChatGPTに考えてもらいました(運営より)

【一分間スピーチ】

このプレゼンはどんなプレゼンになると思いますか

【発表者プロフィール】

広川英司
プレゼン資料作りはめんどくさくて嫌い。
ChatGPTに「パワポを作れ」と指示したところ「パワポは作れねぇが文章を作れるからそれを参考にしておまえが作れ」と指示を返され、主従逆転に憤怒している

続きを読む

1/28【『三教指帰』を再読する】

先週の三文会で、日本仏教史について話すか、という話になりました。

まずは空海(くうかい)による『三教指帰(さんごうしいき)』を紹介してみようと思います。

布教(本来の意味)は目的としていません。

いち「空海ファン」の話として聞いてください。

[文献]

【一分間スピーチのテーマ】

高野山に登ったことはありますか?

三文会では会のはじめに、参加者の皆さんに、その会の話題について、ひとり1分程度で自己紹介を交えてお話しいただきます。

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)

1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。三文会事務局に出向。現在、電気通信企業に勤務。

【開催場所】

Zoomで開催します。

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

  • 事前登録は不要です。
  • Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です。)
  • 時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

1/21【文具について聞きたい】

三文会で、文具に関する情報を伺うことがあります。

このあたりで、事務局員の文具に関するこだわりを呼び水に、皆さんの話をまとめて伺いたいと思います。

これまでにいただいた文具に関する情報の例

  • 私は「ヤチョラー」(コクヨなどの「野帳」の利用者)だ
  • 鉛筆かつ手回し鉛筆削りで削る
  • Notionにハマった(文具?)

【一分間スピーチのテーマ】

語りたい文具はありますか?

(「ある」と答えた方には別に語るお時間を設けます)

三文会では会のはじめに、参加者の皆さんに、その会の話題について、ひとり1分程度で自己紹介を交えてお話しいただきます。

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)

1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。三文会事務局に出向。現在、電気通信企業に勤務。

【開催場所】

Zoomで開催します。

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

事前登録は不要です。

Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です。)

時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

1/14【休め】

14

休め

hbr.org

【一分間スピーチのテーマ】

あなたはどんなタイミングで休憩しますか?そのとき何をしてますか?

【発表者】

やまやま

会社都合で退職して失業手当をもらうことを夢見る中年男性。ついついたくさん働いちゃうのでただ休むのではなくよりよく休むことをかんがえている

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
    • 三文会では会のはじめに、参加者のみなさんにひとり1分程度お話しいただきます。
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

  • 事前登録は不要です。

  • Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です。)

  • 時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

1/7【2022年の読書計画を振り返り、2023年の読書計画を立てる】

明けましておめでとうございます。

今回の三文会では、2022年の読書計画を振り返り、2023年の読書計画を立てるため、

  • 昨年読んだ本の感想
  • 今年読みたい本の紹介

を参加者の皆さんにしていただこうと思います。

昨年2022年1月8日土曜に開催した「2021年の読書計画を振り返り、2022年の読書計画を立てる」( https://www.sanmonkai.jp/entry/2022/01/07/165702 )に参加された方には、計画通りに読書ができたかもお話しいただきます。

2022年の会に参加されていなかった方が、今回に参加されても何の問題もありません。

もちろん「2022年の会に参加したが、計画通りに読書ができなかった」という方が参加されても何の問題もありません。

【前回参加者の方へ】

昨年2022年1月8日土曜に皆さんに挙げていただいた文献は、オンラインホワイトボードMiro Boardの 

https://miro.com/app/board/o9J_lSN_lgc=/

に掲載しております。

【1分間スピーチのテーマ】

昨年の自分の読書について評価すると何点になりますか?

【スケジュール】

  • 8:00~8:30、参加者の自己紹介+発表者のお題に沿ったコメント(一分間スピーチ)
    • 三文会では会のはじめに、参加者のみなさんにひとり1分程度お話しいただきます。
  • 8:30~9:40、発表
  • 9:40~10:00、参加者と発表者の感想

8:00開始は固定ですが、その他の時間は変動する場合があります。

【参加費】

無料

【参加方法】

  • 事前登録は不要です。
  • Zoomで開催します。(※事前のダウンロードが必要です。)
  • 時間になったら下記のURLをクリックし、入室してください。マイク付きイヤホンを使うとより快適です。

三文会では発表者・参加者・運営を募集しています。

興味のある方はsanmonkai.utあっとgmail.comまでご連絡ください。

12/24【クリスマスなので新約聖書を読む】

年末年始なので、「新約聖書」から「マタイによる福音書」「ルカによる福音書」のキリスト降誕の章(実は二つの書で合わせて4章しかない)を読みます。

【一分間スピーチのテーマ】

最近クリスマスっぽいなと思った瞬間・経験

【発表者】

熱川豊紘(にえかわ・とよひろ)

1986年和歌山県生まれ。東京大学文学部を経て、2012年に同大学大学院学際情報学府修士課程を修了。専門は科学・技術政策。在学中、財団法人東京大学新聞社(現、公益財団法人)に勤務。三文会事務局に出向。現在、情報通信企業に勤務。キリスト教徒ではありません。

続きを読む

12/17【新規事業提案制度での3ヶ月】

某リクルートの新規事業提案制度「Ring」での経験をお話しします。

1次選考の通過率は5%程で、それを通過し、3ヶ月後の2次選考で落ちました。
落ちはしましたが、わずか5%の貴重な経験ができたと思うので、報告したいと思います。

【一分間スピーチのテーマ】

最近ワクワクしたアイデア(自分のものでも他人のものでも)

【発表者】

広川英司

アノン株式会社の取締役をやるかたわら、リクルートでも事業計画を作るなどしている。
サッカーが好きでワールドカップ期間は寝不足。

続きを読む