三文会

東大周辺で毎週土曜朝に行っている勉強会です。毎週違う人の話を聞きながら、参加者と発表者が相互に議論をしあいます。テーマ、参加者ともに多様性が特徴です。※2020年3月から、オンラインで開催しています。

8/19【『わたし、この間までオスでした。』―性別を変える、魚の生き方の不思議】

この前同性結婚関連でニュースが飛び交いましたが、人間の場合、たとえそれがどういうものであれ「心の性別」は変えることができません。 しかし、水中ではその常識が違うようです。 生命の神秘に立ち入ってみましょう。  

→参加登録はこちら!←

 

以下、発表者の菊池さんによる告知文です。

人間の性別は、一度この世に生まれてしまえば変わることはありません。 手術を行えば、“体の性別”を変更することは可能です。しかし、“心の性別”、つまり「自分がどの性別であるか」という自覚が変わることはないのです。 そうした意味で、個人の人格を作る“性別”は、人間では変わりえないものです。

ところが、世の中にはこの“心の性別”をいとも簡単に変えてしまう動物がいます。 それが魚です。

子供の頃はオスだったのに、大人になったらメスに変わる、ということが当然のように起こる魚の世界。 魚はなぜ、どのようにして心の性別を変えるのか。性別を変えることはなぜ魚には出来て、人間には出来ないのか。 この不思議な魚の世界から、人間は何を学べるか。皆様と共に考え、ご意見を賜りたいと思っています。   【一分間スピーチのテーマ】 生まれ変わるとしたら、どの性別に生まれたいですか? ぜひ理由もお聞かせください。

【発表者プロフィール】 菊池結貴子(きくち ゆきこ)

東京大学 大学院農学生命科学研究科 修士課程所属

三文会では発表者を募集しています。 興味のある方はsanmon-core@logitoy.jpまでご連絡ください!

参加費(朝食込み):学生 600円、社会人 1200円(朝食抜きの場合は、400円、800円とします)
参加連絡は参加確認フォームからお願いします。※ちなみに毎回このようなお弁当(スープ・コーヒーつき)が出ます。
朝7:40開始、9:00終了(予定)、その後も1時間ほどはフリーに喋っている人も多いです。 会場の最寄り駅は、本郷三丁目(徒歩15分)、東大前(徒歩10分)、春日駅(徒歩15分)です。本郷6-2-9のマンションの2階になります。 会場は、東大正門(赤門ではありません)前、ファミリーマート左隣のビルの2階、「モンテベルデ」という喫茶店です。